小椋佳「花、闌の時」 加藤登紀子「花はどこへ行った」へと…詩(うた)がつなぐ運命の言糸 ー詩篇「花」ー

  菊地道夫/作詩 

 

  花の香 浴びて

  朝露の 雫 落ち

  ああ 春だなあ

  風 そよぐ

  美しい景色 目に浮かぶ

 

  ひとときの 和み いだいて

  満ちる こころ

  生きている 実感

  充実感

 

  花の香 浴びて

  鶯の 声 聴き

  ああ 春だなあ

  川 流れる

  麗しい景色 目に浮かぶ

 

  花の香 浴びて 春 巡り

  やがて 夏 来る

 

 

    ー 第7詩集『寿』所収

 

小椋佳作詩・作曲「花、闌の時」 吉永小百合主演「北の桜守」主題歌

TOKIKO´S HISTORY 加藤登紀子コンサート「花はどこへ行った」