プロフィール

 

    菊地道夫    Kikuchi Michio

 

1980年、埼玉県小川町に生まれる。慶應義塾大学中退後、放送大学大学院、東京大学大学院において数学を学ぶ。2010年、詩集『時空と生成』でデビュー。2011年3月、第2詩集『静寂の様相』を出版する。同年9月、第3詩集『隠れ躑躅の場所-ランドスケープの狭間で-』を出版、この詩集は感情を重視した作品となる。2012年、第4詩集『愛すべき風景-宇宙における自然の位置-』を出版、理性の重要性を詩で表現したものとなる。2013年10月には、詩の創作を開始してから20年という節目を迎え、その記念にと、現代詩「愛ふたたび」を発表、好評を得る。同年12月12日には詩創作20周年記念作品集『回想するということ-時の謎解き-』を出版、また同時に第5詩集『回想するということ~言の葉の礫~』を出版する。3冊の詩集『隠れ躑躅の場所』『愛すべき風景』『回想するということ』は、真善美を詩で表現した“真善美3部作”となる。2015年1月、デビュー5周年記念として、第6詩集『綴る恋』(三恵社/刊)を出版する。同年6月、NHKから詩的回想録『詩の遍歴 あるひとつの“形”』を出版する。2016年4月、自身10冊目となる著作であり第7詩集『寿』(土曜美術社出版販売/刊)を出版する。同年12月、詩集『寿』により2016年度の現代日本文芸作家大賞を受賞する。2017年、現代詩「愛ふたたび」で日仏文学貢献作家に認定される。2018年、詩創作25周年記念詩集(最後の詩集)『知るということ』(鳥影社/刊)を出版する。現在、詩と思想会員、詩人会議会友。著書は他に『規範学』『緑の思想』『異作集』『麗しき物語』などがある。


菊地道夫著作はこちらからどうぞ。