Michio企画へようこそ!  新刊情報/CD情報/展覧会情報

詩創作25周年記念詩集『知るということ』 絶賛発売中!

2018年は菊地道夫が詩を創作しはじめてから25年という節目の年。

これを記念して、詩創作25周年記念詩集『知るということ』を刊行致しました。

「知る」ということの深淵をつぶさに追求してきた詩人の、珠玉の詩集となっております。

また詩人、菊地道夫の集大成として〈最後の詩集〉となります。

ぜひお手元にどうぞ。

 

Amazonほか、全国書店にて絶賛発売中!

岩城憲プロデュース!

CDアルバム「季節の音」

2017年7月26日発売!

これまで300以上の詩創作を展開してきた詩人、菊地道夫が、自ら作詩・作曲した作品を歌う、新しいフォークソングの世界。タイトルの「季節の音」をはじめ「愛」「KAWA」「自然を愛そう」など11曲を収録した魅惑のCDアルバムです。詳細は「季節の音」をご覧ください! 菊地道夫作詞・作曲「季節の音」動画はこちらから。

ついにMichio企画のロゴが完成しました!

緑、赤、黄色の3色で構成されている輪は、それぞれ自然、人、調和の意味を持っています。これらが有機的につながるような企画・運営をしたいと考えております。よろしくお願い申し上げます。

第7詩集『寿』(土曜美術社出版販売/刊)発売!

2016年度 現代日本文芸作家大賞受賞作品

菊地道夫の第7詩集『寿』(土曜美術社出版販売/刊)が発売されました。Michio企画では、最新詩集『寿』の企画進行状況を「菊地道夫第7詩集『寿』プロジェクト」で逐一お伝えしてきました。菊地道夫が数年の歳月をかけて構成した、もしかしたら最後となるかも知れない詩集です。

「こころの安らぎを感じたい時、そっと手に取ってもらえるような詩集でありたい…」という作者の想いを、桜の季節にお届けいたします!

 

 

菊地道夫第7詩集『寿』プロジェクト(Yahoo!ブログ)

時空と生成

  • 発売日: 2016年3月10日 木曜日
  • (2015年12月25日 15時30分 時点 - 詳細はこちら
amazon.co.jp 詳細ページへ。 
  • ASIN: B019PYBKYG
  • eBooks Kindle版
  • (発見日: 2015年12月24日)

~展覧会情報~

菊地秀夫・道夫親子展-絵と詩-

 

2016年11月3日(文化の日)から11月17日(木)まで、埼玉県東松山市にあるギャラリー亜露麻(アロマ)において、父であり画家である菊地秀夫と、菊地道夫とのコラボレーション展「菊地秀夫・道夫親子展-絵と詩-」が開催されました。

父、秀夫が描いた絵画と、菊地道夫が書いた詩との共演がテーマであった本展は、おかげさまで大好評の内に幕を下ろすことが出来ました。本当にありがとうございました!

 

ギャラリー亜露麻(アロマ)ホームページ

g-aroma.jp/

Michio企画Yahoo!店OPEN!ポピュラーなものから、もうなかかな手に入らないレア物まで多数取り揃えております。どうぞ気楽ににご来店くださいませ!

また、Yahoo!オークションに詩集『綴る恋』と回想録『詩の遍歴』があります。ぜひご覧ください。⇩(こちらからどうぞ)

出品中の商品はこちら

 

  ○企画概要

 

菊地道夫の書斎(事務所)において企画される、さまざまな活動(出版・撮影・執筆等)を統括してMichio企画と称する。この企画では、菊地道夫が運営するいくつかの個人的事業において、菊地道夫本人が創作する作品(詩・エッセイ・朗読等)をスマートにまとめる作業が行われている。多くは菊地道夫本人が考え、行動した軌跡となるが、Michio企画では人と人との連携を重視しコミュニケーション並びにコモンセンスやコンセンサスによる企画(3C企画)を実践(Narrative)している。なお、当企画における実質的権利は菊地道夫本人にあり、その運営方針や企画事業についての情報は、3C企画に基づいて行われることとする。

 

 

3Cとは

 

Communication(人間関係):人と人との協和を重視します。

Common sense(良識):正しい知識のもとに行動します。

Consensus(合意):客観的な見解に基づく見解を示します。

 

 

  ○企画主旨

 

・本企画の運営者は、菊地道夫本人である。

・本企画の関係者は、菊地道夫の見解に賛同する者とする。

・本企画の企画会員は、運営者並びにその関係者により構成される。